「地獄のかけひき」復刻DVD登場!

地獄のかけひき1

 

ひさびさのブログ更新&DVD作品のお知らせです。

 

ロミー・シュナイダーが出演する「地獄のかけひき」の復刻DVDが遂に登場!
《TSUTAYA復刻シネマライブラリー》よりリリース、
アマゾンからも注文できます。

 

「地獄のかけひき」は、ロミー中期の出演作で、
彼女のキャリアの中で特別な意味のある作品といえるでしょう。
最初の結婚・出産のブランクを経て、
映画シーンへのカムバックを果たした作品だからです。

 

ただし、この作品はイギリス映画で
本質的には、“サー”の称号をもつ英国の名優、
トム・コートネイの若き日のすっとぼけた味わいを観るべき映画です。

 

地獄のかけひき2

 

猝椶覚めると恐怖が待っていた!
 戦慄すべき暗殺組織ーーー
 殺しに巻き込まれた善良な男!危機一髪の脱出!

 

舞台は1960年代のロンドン。内容は二重スパイもののコメディ。
ビートルズのーーーというか、トム・ジョーンズの時代の英国の風が
濃厚に(期待しすぎなければ)楽しめる、準急ならぬ準々急(準々級?)スパイ映画です。

 

ただし、実生活の変化がロミーにいかなる変貌をもたらしたかーーーには大注目の作品です。

珍しいロミーのアクション(?)シーンが見られます(^_^;) 

 

長らく陽の目を見なかったロミー出演作が
DVD化&Blue-lay化されるのはとても喜ばしいことですね。
旧作を発掘してくださる《TSUTAYA復刻シネマライブラリー》には

今後もますます期待です♪

 

地獄のかけひき3

 

 

JUGEMテーマ:外国映画の女優


「離愁」待望の復刻DVD登場!+「ルートヴィヒ」デジタル修復版発売!

 

 

とても嬉しいお知らせです!

ロミー・シュナイダー主演の「離愁」の復刻DVDが遂に登場。

《TSUTAYA復刻シネマライブラリー》よりリリース、

アマゾンからも注文でき、明日7月25日より発売開始です。

戦時下の極限状況で出会い、恋に落ちた男女の物語。

ジャン=ルイ・トランティニャンとロミーが演じる、大人の恋愛ドラマです。

哀感あふれるフィリップ・サルドの音楽も素敵で、作品を盛り上げています。

 

 

「つかのまの愛に燃え、別れ去った二人……
 運命の糸にあやつられ、禁じられた再会が涙のなかにくずれおちてゆく! 
 それは《愛》の終着駅。」

 

というキャッチフレーズ通り、ラストのロミーの素晴らしさは

映画史に残る名シーンではないでしょうか。

一度、見たら絶対に忘れない、涙せずにはいられない、鮮烈なラストでした。

 

 

この感動の名作が、長らく廃盤のままだったのが残念でたまらなかったので

TSUTAYAさま、ほんとうにグッジョブ!です。

 

ただし、《TSUTAYA復刻シネマライブラリー》は、

廃盤・未DVD化の作品をDVD化するシリーズで

注文に応じてプレスし、販売するというオンデマンド商品ですので

通常の製品版DVDとはちょっと違うようです。

 

最近はDVD化にともない、デジタル修復されたり、特典がつくケースが多いのですが、

今回は「復刻版の注文販売」というスタイルなので

画像のクオリティetc.は旧来版に準じます。

 

でも、劇場で上映される機会も、テレビで放映されることも滅多にない作品を

DVDで見られるだけでファンにとっては朗報ですよね。

 

 

 

ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年・没後40年記念上映

「ヴィスコンティと美しき男たち〜アラン・ドロンとヘルムート・バーガー〜」

全国巡回中ですが、デジタル修復版「ルートヴィヒ」が、遂にBlu-rayで登場します。

アマゾン楽天ブックスほかで、8月26日発売です。

 

こちらは画質も美しく、特典が豪華です。

 

【映像特典】イタリア公開版予告編(4分)
【封入特典】20ページ ブックレット


上記に加え、まさかの!「日本語吹き替え版」が収録されます

1983年、関西テレビ25周年でオンエアされた時のものを使用しているそうで

声優さんたちもすごいメンバーですね!

 

ルートヴィヒ(ヘルムート・バーガー):野沢那智
エリザベート(ロミー・シュナイダー):鈴木弘子
ワーグナー (トレヴァー・ハワード):納谷悟朗
婚約者ゾフィー(ソーニャ・ペドローヴァ):戸田恵子


日本語バージョンで見る「ルートヴィヒ」。また、新しい発見がありそうです。

 

 

JUGEMテーマ:外国映画の女優

 


DVD「夕なぎ」、12月24日発売開始!

夕なぎDVD

長らく廃盤だった「夕なぎ」のDVDが遂に発売されます!
12月24日発売、アマゾン楽天ブックスetc.で予約受付中です。

商品紹介に「永遠にいきづく男と女の愛を描く、フランス映画史に残る秀作ロマン!」
とありますが、まさにフランス映画らしい作品です。

夕なぎDVD2

ロミーが演じるロザリーは、幼い娘を抱えて働くシングルマザー。
イヴ・モンタン演じるセザールと暮らし始めますが、
そこにかつての恋人ダヴィッド(サミー・フレイ)が現れて・・・という物語。
2人の男性の間で揺れ動く女性をロミーが繊細に演じています。

夕なぎドレス
*「ロミー・シュナイダー展」(ドイツで開催)で展示された着用ドレス。

この映画の衣裳はイヴ・サン=ローランが担当しているのですが、
優雅なラインのドレスをさらりと着こなすロミーがすごくカッコイイ!のです。
大人の女性の魅力にあふれていて、同性から見てもホレボレします(^_^)

夕なぎDVD4

子持ちでも年増でも関係なく、いい女は幾つになってもいい女、
男性もそれをまるごと受け入れて、
(彼ら自身、オジサン体型でも薄毛でも堂々としてますし(^_^;)
恋愛ドラマを繰り広げるフランス人って素敵♪としみじみ思ったのでした。

夕なぎDVD3

キャリアウーマンらしいシンプルなファッションも
ロミーが着ると輝いて見えるんですよねえ。
X’mas〜年末年始の鑑賞にふさわしい大人のロマンス。
多くの方に見ていただきたい作品です。
すごく若いイザベル・ユペールもちょっぴり出演しています。

ロミーの出演作は廃盤のままだったり、DVD化されていない作品も多いので
来年はいいニュースがたくさんご紹介できればいいなと願っています。
特に「離愁」と遺作の「サン・スーシの女」(注:動画が開きます)は
ゼヒ再発売してほしいです!


JUGEMテーマ:外国映画の女優

ロミーサイトの「主な出演作品」を更新

主な出演作品

あけましておめでとうございます。
更新がまばらな当ブログですが、
2013年もヨロシクお願いいたしますm(_._)m

審判Blu-ray

ロミーサイト「主な出演作品」のリンク先を更新しました。
昨年は「審判」のBlu-rayが発売されましたね!
1回の販売数は多くないのですが、
この作品と「恋ひとすじに」
定期的に補充されるコンテンツになっているのが嬉しいです(^_^)
版を重ねるにつれて、
お買得価格(「恋ひとすじに」はなんと1000円以下!)になっています。
廃番作品もamazonのマーケットプレイスetc.では入手可能(高いですが…)
だったりするので、お探しの方は一度チェックしてくださいませ。

審判スチール

しかし、まだまだ少ないのが残念です。
今年はもっと多くの作品がDVD化されますように!
特に「夕なぎ」「離愁」はゼヒ再版してほしいです☆


JUGEMテーマ:外国映画の女優


DVD「追想」、9月7日発売開始!

追想

VTRしかなかったロべール・アンリコ監督の名作「追想」が遂にDVD化されます!
9月7日発売、アマゾン楽天ブックスbk1etc.で予約受付中です。

この作品は、クエンティン・タランティーノ監督の
昨年11月に、WOWOWの特集でも放映されました。

アメリカ在住の映画評論家、町山智浩さんが、
そのことに触れた番組(バックナンバーの第87回)が
ポッドキャストで聞けます(注意!クリックするといきなり音声が流れます)ので、
ご興味ある方はどうぞ。

追想スチール

ドイツ兵に家族を惨殺された医師(フィリップ・ノワレ)が
古城を使い、痛快と言える見事な作戦で復讐を果たす物語なのですが、
亡き妻を演じるロミーが、素晴らしく美しいのです。
特にエレガントな黒いドレスにヴェールのついた帽子というコスチュームが
いかにも大人の女性の魅力って感じで、とても素敵でした。

ロミー出演の作品、もっとDVD化してもらいたいなあ。
特に長らく品切れ中の「夕なぎ」「離愁」はゼヒゼヒ発売してほしいです(^o^)/


JUGEMテーマ:外国映画の女優

中野京子さんが「プリンセス・シシー」を紹介

中野京子ブログ

ベストセラー「怖い絵」の著者である中野京子さんが
ご自身のブログ「プリンセス・シシー」について書かれています。
取り上げてくださったようですね(^_^)

エリザベートの肖像画でもっとも有名な
ヴィンターハルターの作品を取り上げられていました。
絵と歴史をからめた著作はとてもおもしろくて愛読しています♪

エリザベート肖像画

ブログでも指摘されていますが、シシー三部作の約20年後、
ロミーはルキノ・ヴィスコンティ監督の映画「ルートヴィヒ」
再び皇妃エリザベートを演じています。
σ(^_^)自身がロミーをスクリーンで初めて見たのもこの映画で、
主演のヘルムート・バーガーを上回るほどの存在感と
威厳ただよう神々しい美しさに圧倒されました。

ルードウィヒ

その後、十代のロミーによる無邪気で初々しい「シシー」を見て、
逆にものすごく驚きました。
この当たり役を自分の意志で蹴って
彼女はアラン・ドロンを追い、フランスへ向かうのですよね・・・

ヴィスコンティ監督には
ロミー主演でエリザベート映画をという構想もあったようです。
彼女が3度目のシシーをどう演じたのか。
今となってはかなわぬ夢ですが、ぜひ見てみたかったと思います。


JUGEMテーマ:外国映画の女優

DVD「エリザベート2&3」本日発売開始!

エリザベート三部作

「プリンセス・シシー三部作」のPart2&3の日本語版DVDが遂に登場。
本日、発売になりました\(^o^)/
ヨーロッパでは圧倒的な人気を誇ったシリーズが
半世紀を経て、日本語字幕で見られるなんてスゴイです!
(Part2&3は日本では当時、劇場公開もされなかったのですから)

帝劇エリザベート

新キャストも登場して3カ月のロングラン公演のようですね。
こちらの人気にあやかって
美しく可憐なロミーのシシーもゼヒ見てもらいたい!
正真正銘の本場ゲルマンのお姫様らしさがあふれていますよ〜(^_^)
楽天ブックス(Part2若き皇后Part3運命の歳月)etc.で購入できます。

太陽が知っているHDリマスター版

そしてかつての恋人、アラン・ドロンと共演した
「太陽が知っている」のHDニューマスター版も明日発売になります。
なんとこれが初DVD化!
こちらもamazon楽天ブックスetc.で入手可能です。

なお、ロミー出演作でDVD化された作品はコチラでご紹介しています。
VTR化だけの作品や廃盤も多いので、これから少しずつ増えてくれたらいいな〜
特に「夕なぎ」「離愁」はゼヒ再発売してほしいです!


JUGEMテーマ:外国映画の女優


| 1/2PAGES | >>

ブログ紹介

「Clair de femme」とは、フランス語で「女の輝き」を意味する言葉。ロミー主演映画のタイトルです。謎と悲劇に満ちた生涯を送りながら、スクリーンでは常に美しく輝いていたロミーに捧げるブログです。

text by KT(♀)
本の宣伝担当。ものぐさダンナの代わりにブログ&サイトの運営をしています。

※ご意見・ご感想・お問い合わせは
「romy@officesasaki.net」 まで。

最新記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

カテゴリ

リンク

romy

  • TATIージャック・タチの世界
    フランスの映画監督&コメディアン、ジャック・タチのファンサイト
  • 最新のコメント

    • 「ルートヴィヒ」デジタル修復版、全国ロードショー!
      KT (06/09)
    • 「ルートヴィヒ」デジタル修復版、全国ロードショー!
      PineWood (06/09)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson.02」
      KT (08/29)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson.02」
      イッチ (08/28)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/26)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      KT (10/26)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/25)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      KT (10/25)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/24)
    • ロミーファンの集いに“郵送参加”しました
      KT (06/04)

    archives

    • since:2009.10.26
    無料カウンター

    みんなのブログポータル JUGEM