「汚れた手をした無実の人々」、満席でした!

汚れた手をした無実の人々VTR

この間の日曜日、飯田橋の東京日仏学院に行ってきました。
ロミー・シュナイダー主演「汚れた手をした無実の人々」を見るためです。

日本未公開作とはいえ、30分前に到着すれば余裕と思っていたら、
チケットの整理番号は、なんと89番と90番。
定員は100名。もう少し遅かったら・・・危なかったです(>_<)

同時通訳レシーバーを渡されて番号順に入場するのですが、当然満席。
せっかく来たんだからと、通路に座ってレシーバーなしで見る人もいて、
シャブロル様の人気をあらためて思い知らされました(^_^;) 

ベータカムでの上映でしたが、やはりロミーは美しい。
彼女が主演だと、衣裳の方も頑張っちゃうんだよね・・・と思っていたら、
「夕なぎ」と同じくイヴ・サン=ローランだったのね!
ドレスあり、スーツあり、カフタン風のワンピースありで、
久しぶりにロミーのコスチューム・プレイを満喫しました。
スクリーンの大きな画面でじっくり見られるのはいいですねえ(^_^)

上映はあと平日の昼間1回のみ(7月15日(金)13:30〜)ですが、
ご都合がつく方はゼヒお出かけください。

東京パリ祭2011_1

東京パリ祭2011_2

この日はちょうど“東京パリ祭”を開催中。
フランス料理の屋台が出ていたり、ライブがあったり、
以前ご紹介したジャンルー・シーフのミニ写真展があったりとにぎやかでした。
テントに近づくと「マダム、×△□×△□」と話しかけられるので
(ダンナ曰く「だって、マドモアゼルには絶対見えないから!」)
フランスって素敵♪と思ってしまうのでした(^_^;) 

日仏学院書店

意外に手作り感のある雰囲気には共通点があります。
パリの街並みを思わせる本屋さんもおしゃれ。
モダンでエスプリを漂わせた学院自体、雰囲気がある空間なのでした。
土日は予約しないと入れないくらい人気のレストラン
「ラ・ブラセリー」もおすすめです。


JUGEMテーマ:外国映画の女優

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログ紹介

「Clair de femme」とは、フランス語で「女の輝き」を意味する言葉。ロミー主演映画のタイトルです。謎と悲劇に満ちた生涯を送りながら、スクリーンでは常に美しく輝いていたロミーに捧げるブログです。

text by KT(♀)
本の宣伝担当。ものぐさダンナの代わりにブログ&サイトの運営をしています。

※ご意見・ご感想・お問い合わせは
「romy@officesasaki.net」 まで。

最新記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カテゴリ

リンク

romy

  • TATIージャック・タチの世界
    フランスの映画監督&コメディアン、ジャック・タチのファンサイト
  • 最新のコメント

    • 「ルートヴィヒ」デジタル修復版、全国ロードショー!
      KT (06/09)
    • 「ルートヴィヒ」デジタル修復版、全国ロードショー!
      PineWood (06/09)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson.02」
      KT (08/29)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson.02」
      イッチ (08/28)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/26)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      KT (10/26)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/25)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      KT (10/25)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/24)
    • ロミーファンの集いに“郵送参加”しました
      KT (06/04)

    archives

    • since:2009.10.26
    無料カウンター

    みんなのブログポータル JUGEM