銀座テアトルシネマで「ルートヴィヒ」上映!

映画ルートヴィヒ1

10月1日より銀座テアトルシネマで、ルキノ・ヴィスコンティ監督の名作
そして、その公開を記念して、“ヴィスコンティと美しき男たち”と題して、
「若者のすべて」「ルートヴィヒ」の2作品が1週間限定で上映されます\(^o^)/

映画ルートヴィヒ2

どちらも大好きな作品で、
アラン・ドロン(なんとボクサー役です)も、
ヘルムート・バーガー(ルートヴィヒ2世役です)も大変素晴らしいのですが、
なんといっても、「ルートヴィヒ」でオーストリア帝国の皇妃エリザベートを演じる
ロミー・シュナイダーは、まさに神々しいまでの美しさ!!!
バイエルンのお城を使った本格的なロケ、豪華なコスチュームや調度品etc.も必見です!
休憩を入れて約4時間という超大作ですが、
お時間があれば、ゼヒ一度スクリーンでご覧くださいませ。

映画ルートヴィヒ3

☆ヴィスコンティと美しき男たち〜上映スケジュール
●日   時:9月24日(土)26日(月)28日(水)30日(金)
       13:50〜16:50 若者のすべて
       17:05〜21:10 ルートヴィヒ(途中休憩5分)
       9月25日(日)27日(火)29日(木)
       13:50〜17:55 ルートヴィヒ(途中休憩5分)
       18:10〜21:10 若者のすべて
●1作品料金:一般1,800円 大学・専門生1,500円 シニア1,000円
       水曜サービスデイ1,000円均一


JUGEMテーマ:外国映画の女優

「汚れた手をした無実の人々」、満席でした!

汚れた手をした無実の人々VTR

この間の日曜日、飯田橋の東京日仏学院に行ってきました。
ロミー・シュナイダー主演「汚れた手をした無実の人々」を見るためです。

日本未公開作とはいえ、30分前に到着すれば余裕と思っていたら、
チケットの整理番号は、なんと89番と90番。
定員は100名。もう少し遅かったら・・・危なかったです(>_<)

同時通訳レシーバーを渡されて番号順に入場するのですが、当然満席。
せっかく来たんだからと、通路に座ってレシーバーなしで見る人もいて、
シャブロル様の人気をあらためて思い知らされました(^_^;) 

ベータカムでの上映でしたが、やはりロミーは美しい。
彼女が主演だと、衣裳の方も頑張っちゃうんだよね・・・と思っていたら、
「夕なぎ」と同じくイヴ・サン=ローランだったのね!
ドレスあり、スーツあり、カフタン風のワンピースありで、
久しぶりにロミーのコスチューム・プレイを満喫しました。
スクリーンの大きな画面でじっくり見られるのはいいですねえ(^_^)

上映はあと平日の昼間1回のみ(7月15日(金)13:30〜)ですが、
ご都合がつく方はゼヒお出かけください。

東京パリ祭2011_1

東京パリ祭2011_2

この日はちょうど“東京パリ祭”を開催中。
フランス料理の屋台が出ていたり、ライブがあったり、
以前ご紹介したジャンルー・シーフのミニ写真展があったりとにぎやかでした。
テントに近づくと「マダム、×△□×△□」と話しかけられるので
(ダンナ曰く「だって、マドモアゼルには絶対見えないから!」)
フランスって素敵♪と思ってしまうのでした(^_^;) 

日仏学院書店

意外に手作り感のある雰囲気には共通点があります。
パリの街並みを思わせる本屋さんもおしゃれ。
モダンでエスプリを漂わせた学院自体、雰囲気がある空間なのでした。
土日は予約しないと入れないくらい人気のレストラン
「ラ・ブラセリー」もおすすめです。


JUGEMテーマ:外国映画の女優

「汚れた手をした無実の人々」、日本初公開!

クロード・シャブロル特集

昨年9月に亡くなったフランスの映画作家、クロード・シャブロルの回顧上映
フランス映画祭2011の関連企画として、今月25日から始まります。
シャブロル監督といえば、ヌーヴェルヴァーグを代表する1人で
“フランスのヒッチコック”とも呼ばれ、
ミステリーやサスペンスを多数手がけた人として知られています。

【第1期】6月25日(金)〜7月 1日(金)会場:ユーロスペース
【第2期】7月 2日(土)〜7月24日(日)会場:東京日仏学院

今回は日本未公開作品を含めた31作品が一挙上映されるのですが、
その中になんと! ロミー・シュナイダー主演の
「汚れた手をした無実の人々」が入っているではありませんか!
VTR化・DVD化、テレビ放映もされていない正真正銘の日本初公開です。

汚れた手をした無実の人々

☆汚れた手をした無実の人々
 (フランス=イタリア=ドイツ/1974年/120分)
 料  金:一般1000円 会員500円
 お問合せ: 東京日仏学院 tel.03-5206-2500

没後30年を経てスクリーンで見ることができるとは・・・感動です。
ただし、字幕はなく「日本語同時通訳付き」だそうです。
サイレント映画チックな上映になるのでしょうか。これまた興味津々。
内容はいわゆる「不倫殺人モノ」のようですが、
予告編らしき動画を見つけましたので、よかったらご覧ください。


モーツァルトの恋

先週まで東京都写真美術館で上映されていた
オーストリア映画「モーツァルトの恋」(これも日本初公開)には
ロミーの父方の祖母、ローザ・アルバッハ=レティが
(ハプスブルク帝国の宮廷劇場であるブルク劇場の女優でした)
モーツァルトの母役で出演していたようです。
「アマデウス」より前のモーツァルト映画、見てみたかったのですが、
情報をキャッチするのが遅かった・・・ちょっと残念。
現在も大阪のテアトル梅田で上映中です。


JUGEMテーマ:外国映画の女優

シシー三部作、NHK-BS2「衛星映画劇場」で放映!

シシー三部作一挙放映

関東は春一番が吹いて暖かい日になりました。

さて、先月ご案内しましたが、
ロミー・シュナイダー主演のシシー三部作がまとめて放映されます。

 2月26日(土)13:00〜
 2月26日(土)15:15〜
 2月26日(土)17:00〜

ハプスブルク帝国の皇后・エリザベートの
結婚から新婚時代までを描いた作品で
夫となるフランツ・ヨーゼフとのなれそめから姑との確執、
可愛い王女の誕生etc.がヨーロッパの美しい風景とともに描かれます。
衣裳もロケもさすが本場!と言いたくなる豪華さです。

今のところ、変更はない模様ですが、
NHKって公共放送ならではのアクシデントがあるんですよね〜
最新情報は「BS放送変更情報」でご確認くださいませ。


JUGEMテーマ:外国映画の女優

シシー三部作、NHK-BS2「衛星映画劇場」に再登場!

昨日、UPさせていただいた下記ですが、
なんと国会中継が入ってしまったため、放送日が変更に・・・(>_<)
現時点では2月26日(土)に三部作一挙放映!とのことです。

☆衛星映画劇場「プリンセス・シシー」
 2月26日(土)13:00〜
☆衛星映画劇場「若き皇后シシー」
 2月26日(土)15:15〜
☆衛星映画劇場「シシー ある皇后の運命の歳月」
 2月26日(土)17:00〜

今後も変更があるやもしれません。
最新情報は「BS放送変更情報」でご確認くださいませm(_._)m

プリンセスシシー

今週の月曜・火曜・水曜の3日間、NHK-BS2「衛星映画劇場」
ロミー・シュナイダー主演のシシー三部作が放映されます。
ハプスブルク帝国の皇后・エリザベートの結婚から新婚時代までを描いた作品で
ミュージカルとはまた違った、シシーの初々しい姿がたっぷり見られます(^_^)

☆衛星映画劇場「プリンセス・シシー
 1月31日(月)13:00〜14:43
☆衛星映画劇場「若き皇后シシー」
 2月 1日(火)13:00〜14:42
☆衛星映画劇場「シシー ある皇后の運命の歳月」
 2月 2日(水)13:00〜14:45

シシープロポーズ

昨年9月の放映に続いての再登場です。
前回、見逃しちゃってたよ〜というロミーファンの方、
えっ、そんなエリザベート映画があったの?という方、
お姫様モノ、コスチュームプレイがお好きな方も、
ゼヒゼヒご覧くださいませ!


JUGEMテーマ:外国映画の女優


本日18:50、WOWWOWで「追想」放映


WOWWOWで追想1

ロミーがフィリップ・ノワレと共演した復讐劇「追想」が
関連作品として本日18:50から放映されます。
残念ながら、無料放送ではありませんが・・・
有料チャンネルだし、こんなギリギリで…と迷ったのですが、
せっかくの機会なので、ご紹介します。

WOWWOWで追想2

映画評論家の町山智浩さんが
「イングロリアス・バスターズ」の元ネタのひとつとして
タランティーノ本人が「追想」をあげていると指摘されたことは
以前、このブログでもご紹介したのですけど、
劇場公開からはや1年も経つのですねえ。

なお、本日20:40からは、
「VIVA!イングロリアス・バスターズ」という無料放送もあります。
こちらは「キル・ビルVol.1」に出演した女優・栗山千明さんと
町山さんによるトーク番組です。
WOWWOWが視聴できる方はゼヒご覧くださいね。


JUGEMテーマ:話題の映画


シシー三部作、NHK-BS2「衛星映画劇場」に登場!

シシー三部作

直前のご案内になってしまいましたが、
今週の月曜・火曜・水曜の3日間、NHK-BS2「衛星映画劇場」に
ロミー・シュナイダー主演のシシー三部作が放映されます。
ハプスブルク帝国の皇后・エリザベートの結婚から新婚時代までを描いた作品で
ミュージカルとはまた違った、シシーの初々しい姿がたっぷり見られます(^_^)

昨年、LaLaTVが日本初放映(ずずっとスクロールしてください)して以来、
日本で三部作が一挙に公開されるのはなんとこれが2度目。
非常に貴重な機会ですから、ロミーファンはもちろん、
エリザベートファンもゼヒゼヒお見逃しなく。

 9月6日(月)13:00〜14:42
 9月7日(火)13:00〜14:42
 9月8日(水)13:00〜14:45

NHKが放映権を取ったという話は以前から聞いていて、
放映を心待ちにしていたのですが、DVD発売が落ち着き、
帝劇ミュージカル「エリザベート」が上演中の時期にぶつけてきましたね。
さすがNHK、グッドタイミングです♪

ロミー&カールハインツ

シシー三部作は半世紀以上も前につくられたオーストリア映画ですが、
ドイツ語圏では今なお、クリスマス・イブ(シシーの誕生日)に
上映される映画として知られています。

相手役のフランス・ヨーゼフ皇帝を演じるのはカールハインツ・ベーム。
クラシックファンにはおなじみの名指揮者、カール・ベームの息子さんです。
ロミーは両親ともに俳優でしたが、
父方のおばあさんはマリア=テレジアが創設したブルク劇場の女優でもあり、
あちらの人々にとっては、キャスト的にも文句なしの作品なのでしょう。
世界に冠たるハプスブルク帝国の思い出とともに
愛され続けている映画なのがよくわかります。

シシー結婚式

川下りでのお嫁入りシーンや美しい自然、
豪華な宮廷生活etc.の見どころもいっぱい。
プリンセスものやコスチュームものがお好きな方にも
おもしろく見ていただける映画だと思います。
昼間の放映になりますが、予約録画してソンはない三部作ですよ(^_^)


JUGEMテーマ:外国映画の女優

<< | 2/3PAGES | >>

ブログ紹介

「Clair de femme」とは、フランス語で「女の輝き」を意味する言葉。ロミー主演映画のタイトルです。謎と悲劇に満ちた生涯を送りながら、スクリーンでは常に美しく輝いていたロミーに捧げるブログです。

text by KT(♀)
本の宣伝担当。ものぐさダンナの代わりにブログ&サイトの運営をしています。

※ご意見・ご感想・お問い合わせは
「romy@officesasaki.net」 まで。

最新記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カテゴリ

リンク

romy

  • TATIージャック・タチの世界
    フランスの映画監督&コメディアン、ジャック・タチのファンサイト
  • 最新のコメント

    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson 6」
      KT (09/11)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson 6」
      イッチ (09/11)
    • 「ルートヴィヒ」デジタル修復版、全国ロードショー!
      KT (06/09)
    • 「ルートヴィヒ」デジタル修復版、全国ロードショー!
      PineWood (06/09)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson.02」
      KT (08/29)
    • ロミーファンの集い「永遠のロミー・シュナイダー Lesson.02」
      イッチ (08/28)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/26)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      KT (10/26)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      梶原孝信 (10/25)
    • フィルモグラフィ1/1953-57年
      KT (10/25)

    archives

    • since:2009.10.26
    無料カウンター

    みんなのブログポータル JUGEM